高血圧・糖尿病はいびきが原因なのか

高血圧・糖尿病はいびきが原因なのか

糖尿病は高血圧との合併が多い恐い病気とは?

 

睡眠時無呼吸症候群という病気を、お聞きになったことがあるでしょうか。この病気には、糖尿病や高血圧との合併が多いと言われている病気です。持病だからとあきらめてしまって、多くの薬を服用しながら生活している方も多いようです。これ以上悪くならなければよいということで、長く病気と付き合う覚悟をもっている方も多いようです。

 

いびきは、この高血圧や糖尿病とも大いに関係があるといわれています。CPAP療法と呼ばれる睡眠時無呼吸症の治療に使われる方法があります。この療法を用いることによって、血圧が下がるということも分かっています。高血圧は、CPAPを使い続けることによって解消されるのです。

 

肥満もいびきの原因

 

いびきに悩んでいる方の多くは、肥満体型にあるといわれています。まずはCPAP療法を始めるにあたって、医師からダイエットを指示されることでしょう。ダイエットで痩せることによって、喉の気道が確保され酸素を取り入れる量が多くなります。このころになると、血圧もきちんとした正常値になっていることでしょう。このように取り入れる酸素量が少なくなることによって、糖尿病や高血圧を患っている方は病気を悪化させてしまうのです。

 

いびきの治療で他の病気が治るかも

 

一度、いびきの検査を受けてみてはいかがでしょうか。高血圧・糖尿病だと診断されているのならば、ぜひ受けてみてください。いびき防止をすることによって、高血圧も糖尿病も解消されるかもしれません。どちらの病気もとても怖いもので、いびきを治療することによってほかの病気も治るかもしれません。こんなに、良いことはありませんよね。健康な体を取り戻すためにも、根気がいる治療ですがダイエットやCPAP療法といったいびき防止法を考えてみましょう。