うつぶせ寝で健康

うつぶせ寝で健康

うつぶせ寝健康法でいびきを防止する

 

みなさんは、うつぶせで寝ることはありますか?うつぶせ寝健康法というものがあるのですが、これは96歳で現役医師として有名な日野原先生の健康法でも有名な健康法です。うつぶせ寝健康法は、いびき防止にとっても最適といわれています。

 

うつぶせ寝は危険?

 

うつぶせ寝が危険であると思われている方も多いのではないでしょうか?赤ちゃんなどをうつぶせ寝させていると、突然死を招く原因と言われた時期もありました。まだそう思われている方も、多くいらっしゃることでしょう。ですが、この突然死の原因として睡眠時無呼吸症があるといわれています。

 

横向きで寝てもいびき防止にならない?

 

横向きの体制で寝ることが、いびきを防止するためには良いとされています。横向きで寝ていて、仰向けになったとたんにいびきをかくという覚えはありませんか?ですが、初めからうつぶせで寝ることによって、こういったことも防ぐことができます。さらにうつぶせ寝することによって、舌が歯のほうへ落ちるので気道がふさがる心配もありません。

 

うつぶせ寝のデメリット

 

うつぶせ寝で心配なことは、実際に寝てみると腰が痛くなることがあるということです。腰椎が落ち込むために起こることらしいのですが、これを解消する必要があります。これさえ解消することができれば、いびきをかかずに眠ることができるのです。

 

抱き枕やクッションなどを利用うすることで、腰の負担を軽減することができます。うつぶせ寝用の枕や布団なども販売されているので、そういったものを利用するのもいですよね。うつぶせ寝の良い点は、いびきだけではありません。肺炎や血行不良なども解消してくれるので、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。