睡眠時無呼吸症を考える

睡眠時無呼吸症を考える

いびきは眠りを浅くする

 

私たち人間が生きる上で、食事や睡眠というのは非常に重要なものなのです。中でも睡眠は特に大切で、いびきをかいているようであれば、きちんと睡眠できていません。7時間は眠っているから大丈夫と思っている方も、いびきをかいているようであれば別です。いびきをかいている人は眠りが浅く、慢性的な睡眠不足という可能性もあるからです。

 

70%の可能性で呼吸が止まっている?

 

さらに、約70パーセントの確率で呼吸停止を引き起こしている可能性もあるのです。この眠っている間に呼吸が止まることを睡眠時無呼吸症と呼び、SASといわれています。家族の友人の中に、大きないびきをかくという人はいませんか?もしもいらっしゃるようであれば、とつぜんいびきが止まってまた繰り返されるといったことはないでしょうか。そういった場合は、睡眠時無呼吸症の疑いがあります。

 

横向けで寝てみる

 

1回に10秒以上の呼吸停止を7時間の睡眠中に30回以上繰り返す状態であれば、睡眠時無呼吸症と診断します。呼吸停止が1分以上続く場合もあるので、とても心配ですよね。しかも本人にその自覚がないので、恐ろしいところでもあります。

 

いびきを防止するためには、家族の協力が必要不可欠なのです。いびき防止法として、口を開けて寝ているようであれば横向きに寝るようにします。頭の位置を変えることは、いびき防止になるのです。

 

そういったことをしてもいびきが治らないようであれば、病院で検査を受けるようにしましょう。放っておくとよいことはなく、心筋梗塞や脳溢血などを引き起こすこともあります。症状に合わせて治療法があるので、治療を受けることで改善することは可能です。まず、専門医を受診するようにしましょう。