睡眠時無呼吸症の検査のやり方

睡眠時無呼吸症の検査のやり方

睡眠時無呼吸症の検査の内容は?

 

睡眠時無呼吸症候群に、悩んでいるという方も多いのではないでしょうか睡眠時無呼吸症は、どのような検査を行うのでしょうか。ポリグラフィーという機械を使用して行われ、一晩眠るだけの検査です。顔や体にこの機械の検査器具を取り付け、一晩眠ります。そうすると、いびきの状態はもちろんですが無呼吸の長さや寝ている時の体位までが記録されます。お仕事をしている方でも会社から帰って病院へ行き、一晩の検査後会社を出勤することができます。忙しい方でも、簡単にできる検査ですよね。

 

1時間あたりの無呼吸の回数で判定

 

判定は、1時間あたりの無呼吸と低呼吸の回数で判定します。10秒以上呼吸が停止することを無呼吸といい、呼吸は止まっていないけれど換気量が50パーセント以下の場合を低呼吸といいます。この状態が1時間あたり、5~15回までを軽度と呼びます。そして15~30回を中度・30回以上が重度と診断されます。

 

軽症の場合

 

軽度の状態や無呼吸の回数が少ないようであれば、マウスピースでいびき防止することができます。マウスピースを作るのであれば、睡眠時無呼吸症に詳しい歯医者で作ってもらうようにしてください。重症度が20回以上であれば、本格的な治療が必要となります。

 

中症~重症の場合

 

いびき防止法でCPAPと呼ばれるものがあります。これは、空気を取り込む仕組みになった酸素マスクのようなものを鼻にあてて寝るのです。CPAPは、重症度が20回以上であれば健康保険を使って使用することができます。自宅で使用する際に、病院からレンタルする形になります。月に一度は病院で検査が必要となりますが、自宅でできるので便利ですよね。

 

実際に多くの方が睡眠時無呼吸症から開放されているので、わずらわしく感じるかもしれませんが一度試してみてください。いびきに悩んでいるのであれば、様々な方法があるので病院で相談してみてはいかがでしょうか。