CPAPとは何か

CPAPとは何か

CPAPでいびきは治らない

 

睡眠時無呼吸症の治療に世界的に使われているいびき防止法として、CPAPと呼ばれる方法があります。この方法で気を付けなければならないことは、使用しただけで、いびきをかかなくなるというわけではないということです。

 

いびきの原因を突き止めよう

 

いびきというのは、必ず何かしらの原因があるものです。喉にも鼻にも障害がないのに、睡眠時無呼吸症候群になる人もいらっしゃいます。そんな方の多くは、生活習慣に問題があるといわれているのです。

 

お酒やタバコを止めることができないといったような人や、肥満傾向にある人などです。いびきをかく原因のひとつに肥満があり、太ることによって喉の気道が狭くなってしまうのです。お酒やタバコなども同じで、喉の気道を狭くしたり炎症を起こしたりしてしまうのです。

 

いびきを完治させてCPAPから解放されよう

 

CPAPを使う人全てが、睡眠時無呼吸症がよくなるわけではありません。CPAPを使いながら、いびきの原因となるものを取り除いていくのです。ですから、いびきが完治しない限りはCPAPから解放されることはありません。一生付き合っていかなくてはならないのです。反対にいびきが完治すれば、CPAPからも解放され快適な睡眠を得ることができるというわけです。

 

いびき防止を甘く見ている方も多いのかもしれません。そこまでして、治す必要はないと考える方もいらっしゃることでしょう。ですが、睡眠時無呼吸症は放っておくと死にいたる恐ろしい病気だといわれています。運転中の突然死の原因として睡眠時無呼吸症候群があるという報告もされています。自分の健康は自分だけのものではなく、家族のためのものでもあります。家族のために、ぜひいびき防止の治療を始めてみてください。