子どものいびきの原因

子どものいびきの原因

子供が毎日いびきをかいていたら危険サイン

 

いびきは、大人がかくものと思っている方も多いのではないでしょうか?いびきをかくのは、何も大人だけではありません。子供もいびきをかきますが、たまのいびきであれば問題ありません。疲れていたり、鼻風邪をひいて鼻が詰まっているのかもしれません。ですが、もしも子供が毎日いびきをかいているようであればそれは問題です。いびき防止について考える必要があります。

 

大人もそうですが、子供もいびきをかいていると日中の注意力が散漫してしまいます。いびきがひどいようであれば、成長期の子供の精神にも肉体にも悪影響を及ぼすことになります。

 

子供の扁桃腺肥大が危険

 

扁桃肥大という病気がありますが、どのような病気かご存じでしょうか。喉の扁桃の部分が大きくなる病気なのですが、痛みはありません。痛みがないので、本人に自覚もないというわけです。

 

子供がこの扁桃肥大になってしまうと、喉の通り道が細くなってしまうのです。そうなると、食べ物も飲み込みにくくなってしまい、ご飯などもあまり食べなくなてしまい、いびきをかきやすくなります。身体の免疫力の低下や身体的な発育などにも影響を及ぼし、元気もなくなってしまいます。

 

親が子供の寝ている状態をチェック

 

まずは子供の寝ている状態を、よく確認するようにしましょう。食の細さや風邪をひきやすいといったような悩みを抱えているなら、なおさらです。いびき防止法として、横向きに寝かすといった方法もあります。睡眠時無呼吸症候群で呼吸が止まるようであれば、すぐに病院の診察を受けるようにしましょう。鼻やのどなどに病気を持っていることもあるので、耳鼻咽喉科を早めに受診してください。