鼻の病気といびきの関係

鼻の病気といびきの関係

鼻呼吸でいびきを防止する

 

いびき防止で大切なことは、口呼吸ではなく鼻呼吸で眠ることができるようになることです。鼻はどのような仕組みになっているのでしょうか。

 

私たち人間にとって、鼻はとても大事な働きをするものです。呼吸をすることと、においをかぐということが大きな働きです。呼吸はいびきに最も関係していますが、鼻から入った空気を喉に送り込む役割があります。その際に、空気の温度や湿度を調整しさらにはほこりや細菌をろ過するのです。鼻の病気になってしまうと、目や脳にも影響を及ぼすといわれています。ほかにも注意力散漫になったり頭が痛くなったりすることも、鼻と関係しています。

 

鼻の病気が原因でいびきをかく

 

鼻の病気にかかった人は、多くの人がいびきをかく傾向にあると言われています。さらにいびきを放置しておくと、睡眠時無呼吸症を引き起こすこともあるので注意する必要があります。いびきを防止するために、できるだけ早く治療を受けるようにしたいものです。

 

具体的な鼻の病気は?

 

いびきの原因となる鼻の病気には、色々あります。急性鼻炎・蓄膿症・慢性鼻炎・花粉症・鼻出血・鼻の外傷・鼻ポリープなどがあげられます。日本でも多くの患者がいる花粉症ですが、花粉症は我慢するものと思っている方も多いのかもしれません。花粉症は、放置すると慢性的な気管支喘息になってしまうともいわれています。ですから、放置せずにきちんと治療を受けるようにしましょう。

 

日常生活で鼻が詰まっていると感じたりにおいがわからなくなるようであれば、耳鼻咽喉科を受診しましょう。長期にわたることもあるので、敬遠されがちなのが耳鼻咽喉科です。ですが、いびき防止のためにもきちんと治療するようにしましょう。