スノアゴンとは

スノアゴンとは

口呼吸はいびきの元

 

いびきで悩んでいる方も、とても多いことでしょう。例えば、鼻が詰まっていると口で呼吸をする必要がありますよね。鼻が詰まっていなかったとしても、寝ている間というものは筋肉が緩むものです。筋肉が緩んでしまうと、口も開きやすくなってしまいます。

 

さらに舌の付け根の部分も喉の奥のほうへ下がってしまうので、空気の通りも悪くなってしまいます。そうすると、いびきをかいてしまうのです。こういった方に向けたいびき防止グッズがあります。

 

下あごが下がらないように、口を固定するものです。形やタイプなどは様々ですが、頭から顎までをバンドで固定するものなどもあります。寝相が悪いようなら、寝ている間に外れてしまう可能性もあります。ですから、寝相がわるい人には向かないかもしれませんね。

 

スノアゴンで下あごが下がるのを防いでいびきを防止

 

ほかにも、マフラーのように首に巻き付けるタイプにいびき防止グッズもあります。首にバンドをマジックテープでとめるだけでOKという便利なグッズで、スノアゴンと言います。むちうちの痛みを和らげるために首に巻く頚椎用コルセットのようなもので、むち打ち症になった方はご存じでしょう。

 

これを巻くことによって、下顎が下がるのを防ぐのです。巻いたまま一晩中寝ることになるので、暑い夏の日などは不快と感じてしまうかもしれません。反対に、寒い冬には温かくていいかもしれませんね。

 

いびき防止グッズにもいろいろありますが、口を閉じるタイプのものは注意が必要です。鼻呼吸ができにくい人や鼻が詰まっている人は、おすすめできません。いびき防止グッズを選ぶ際には、自分のいびきをきちんと把握してからにしましょう。