レーザー治療の内容とは

レーザー治療の内容とは

専門医にいびきの原因を判断してもらう

 

もしもあなたがいびきで悩んでいるのであれば、ぜひ専門医の診察を受けるようにしてください。一人で悩んでいても解決することはなく、検査によっていびきの原因を知ることもできます。原因がわかることで、どのようにいびきを防止するとよいのかがわかります。例えば喉や鼻の病気ということであれば、それらを治療することでいびきを防止することができます。

 

扁桃腺の腫れがいびきの原因になる

 

扁桃腺の部分が大きく腫れてしまう口蓋へんとう肥大という病気があります。扁桃腺の部分が大きくなりすぎてしまうことによって、いびきをかく原因となります。食べ物を飲み込みにくくなるだけでなく、空気の通りも悪くなるためです。治療方法としては、以前は大きくなった扁桃腺を摘出することが一般的でした。ですが、現在ではレーザーを使った手術法が広く行われています。

 

レーザー治療とは?

 

レーザーを使った手術は、ゼリー状の麻酔液を喉の奥へ流して麻酔をかけます。手術といえば、麻酔を打つのが当たり前と思っていませんか。そうではなく、胃カメラを飲むときにも同じ麻酔方法が使われています。麻酔が効いたところで、手術を行います。

 

レーザー治療は出血も少なく、10分程度で終わります。副作用も少なく、局部麻酔で済むのもメリットのひとつです。以前の摘出手術であれば、2週間ほどの入院が必要でした。それを思えば、画期的な方法といえますよね。レーザー治療の費用は20万円程度ですが、数分で済むのでメリットも大きいですよね。扁桃腺肥大と診断されたときには、ぜひレーザー治療を考えてみてはいかがでしょうか。